【バンコク共同】タイ東部チャチュンサオ県で11日朝、バスが貨物列車と衝突した。地元当局によると、バスの乗客ら20人が死亡、30人以上が負傷した。事故当時は雨が降っており、視界が悪かったという。

 当局によると、現場に踏み切りはなく、バスが線路を横切ろうとして衝突した。バスは隣のサムットプラカン県から地元住民らを乗せて出発し、参拝のためチャチュンサオ県の寺院に向かっていた。