【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は10日、野口聡一さん(55)らが搭乗する米企業スペースXの新型宇宙船クルードラゴンの打ち上げを、予定していた31日から、11月上旬から中旬以降に延期すると発表した。打ち上げ用のファルコン9ロケットに追加の点検が必要となったため。

 野口さんはツイッターに「ロケットの安全確保のために必要な準備と考えて、引き続き訓練に励みたい」と投稿した。

 NASAや宇宙専門メディアによると、最近、同型ロケットで第1段エンジンの装置に想定外の動きがあり打ち上げが直前に中止になった例があった。