10日午後4時ごろ、島根県津和野町のJR山口線津和野―船平山(山口市)間の山中で、津和野発新山口行きの観光列車「SLやまぐち号」の運転士が異常音に気付き、緊急停車した。いったん運転を再開したが再び立ち往生し、乗客約150人は午後8時半ごろ、代行バスで新山口駅へ向かった。

 JR西日本広島支社によると、乗客にけが人はいない。現場は津和野駅の南約4キロ。運転を再開し10分間ほど走行した後、再び異常音がして前進できなくなった。異常音は客車5両をけん引していたC57形蒸気機関車からしたという。

 JR山口線は地福(山口市)―日原(津和野町)間で運転を見合わせた。