加藤勝信官房長官は10日、沖縄県庁で玉城デニー知事と会談した。玉城氏が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設を巡り「県民の理解が得られない辺野古移設計画を断念してほしい」と反対の立場を重ねて伝達。加藤氏は「唯一の解決策は辺野古移設と考えている」と理解を求めた。沖縄基地負担軽減担当相を兼ねる加藤氏の沖縄訪問は就任後初めて。

 玉城氏は普天間飛行場の危険性除去に向け政府と県、宜野湾市による「負担軽減推進会議」の早期開催を要請。加藤氏は「こうした枠組みも活用し、負担軽減の取り組みを進めたい」と応じた。