日本学術会議で2011~17年に会長を務めた大西隆・東京大名誉教授(72)が10日までに、共同通信のインタビューに応じた。16年の会員補充人事で、選考段階に候補者案を首相官邸に示して以降「事前説明がある種、ルール化したと考え、17年の定期改選でも説明した」と述べた。官邸の意向で人選を変えるのは「あり得ないこと」とし、16年に官邸から難色を示されたのは「苦い経験だった」と振り返った。

 大西氏によると、定年退職に伴う16年の人事では、後任の推薦候補者を決定する前に説明するよう官邸が要求。選考委では事前説明に「いろんな意見があったが、了解をもらった」という。