日本中央競馬会(JRA)は10日、東京、京都、新潟の各競馬場で事前に指定席券を購入した観客に限定して入場を再開した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客開催が続いていたが、約7カ月半ぶりにファンが競馬場に戻った。

 東京競馬場では重賞のサウジアラビアロイヤルカップ(G3)が行われ、優勝したステラヴェローチェの横山典弘騎手は「久しぶりにお客さんの前で競馬ができてうれしい。勝てて最高」と話した。

 同競馬場ではネット予約による1036席の発売に対し、5倍以上の申し込みがあった。しかし台風の影響で激しい雨が降ったため、実際に入場した当選者は694人だった。