朝鮮学校を高校無償化から除外した国の処分は違法だとして、広島朝鮮学校(広島市)の運営法人と卒業生が処分取り消しなどを求めた訴訟の控訴審判決が16日に広島高裁で言い渡されるのを前に、同校は10日、学校への理解を深めてもらおうと授業を公開した。

 同校は1946年創立。初中高級部の在校生約100人のうち過半数が韓国籍で、日本国籍の子どももいる。中四国地方で唯一の高級部には広島のほか鳥取、岡山、山口、愛媛などの出身者が在籍する。

 この日は午前中、2こま計90分の授業を公開。高級部では保護者や卒業生らが見守る中、英語や日本語、朝鮮半島の現代史などを学んだ。