加藤勝信官房長官は10日午前、沖縄県内の主要な米軍基地を陸上自衛隊ヘリコプターで上空から視察した。住宅密集地に囲まれた普天間飛行場(宜野湾市)や、移設先となっている名護市辺野古沿岸部の埋め立て現場を直接確認した。

 視察後、記者団の取材に「普天間は市民にとって大変危険な状況だ」と感想を述べ、「全面返還のため、唯一の解決策である辺野古移設工事を着実に進める必要がある」と強調した。

 加藤氏は沖縄基地負担軽減担当相を兼務する。就任後初めて、9日に沖縄入りした。

 10日午後は、辺野古移設反対を掲げる玉城デニー知事と県庁で会談する。