台風14号は10日、四国から近畿の沖合の太平洋を東へ進んだ。夜には東海道沖に達する。その後は勢力を弱め、南へ移動するとみられる。台風の東に延びる前線の活動も活発な見込みだ。

 気象庁は、西日本と東日本の太平洋側で大雨の恐れがあるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫に警戒を呼び掛けている。暴風やうねりを伴う高波にも注意が必要だ。伊豆諸島では11日にかけて非常に激しい雨が降る可能性がある。

 和歌山県によると、台風接近の影響でけが人が1人出た。同県串本町で9日午後6時ごろ、50代女性が強風にあおられ転倒し、左足の骨を折る重傷を負った。