【ニューヨーク共同】米大リーグ、ヤンキース一筋で球団最多の通算236勝を挙げた元左投手のホワイティ・フォード氏が8日にニューヨーク州の自宅で死去した。ヤンキースが9日に発表した。91歳だった。

 1950年にデビューし、従軍後の53年から13年連続で2桁勝利。61年に25勝4敗でサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)に選出。ワールドシリーズは11度の出場で6度の制覇。通算10勝は史上最多で、61年は最優秀選手に輝いた。74年には米国野球殿堂入りした。

 実働16年間の通算成績は498試合で236勝106敗、防御率2・75だった。