ミニトマトやブドウなど、幼児が喉に詰まらせやすいものを食べさせる時は「4才までは4つに切って」―。子どもの事故防止に取り組むNPO法人「Safe Kids Japan」が安全な食べ方を周知するシール用の画像を作成した。主に生産者や流通業者の利用を想定。同法人のホームページで誰でもダウンロードできる。

 淡い色合いのかわいいデザインで、大きさは幼児が口を大きく開けた時と同じ直径4センチ。これより小さいものは誤飲の恐れがある、と伝える意味合いもある。「4歳」は目安であり、5歳以上でも、窒息しやすい食材は食べさせないことも大事な予防という。