社民党は1日、国会内で開いた常任幹事会で、11月14日に臨時党大会を開く日程を内定した。その後、全国の地方ブロック責任者を集めた会議を開催し、立憲民主党との合流の是非を巡って議論した。合流推進派は意見集約を急いでおり、臨時党大会で合流の是非を諮りたい考えだ。

 関係者によると、福島瑞穂党首は合流に慎重な立場。一部の地方組織でも「護憲政党を消滅させるべきではない」との消極論が根強く、次期衆院選をにらみ、党分裂に発展する可能性もある。

 福島氏は会議でのあいさつで「衆院選をどう戦うかや、解党、合流について忌憚なく意見交換したい」と語った。