大阪出入国在留管理局(大阪市住之江区)で2017年、職員に制圧された際に右腕骨折の重傷を負ったとして、収容者だったトルコ国籍のムラット・オルハンさん(36)が国に約4200万円の損害賠償を求めた訴訟が1日までに大阪地裁(井上直哉裁判長)で和解した。和解条項によると、国側が謝罪し、和解金300万円を支払う。9月29日付。

 訴状によると、オルハンさんは15年1月に来日し、入国が認められず収容された。17年7月、オルハンさんが鎮痛薬を服用するのを職員が確認しようとした際、トラブルになり別室へ連行され、職員にうつぶせに倒され、腕をひねりあげられるなどし骨折した。