2021年に入社する大学生らへの採用内定が1日、主要企業で正式に解禁された。企業は新型コロナウイルスの感染防止のため、オンラインで実施したり、会場を分散したりするなどの対策を取った。内定式に参加した学生からは「初めて同期と会えた」と喜びの声が上がった。

 キリンホールディングスの内定式は東京都中野区の本社の様子をオンラインで中継し、大阪の会場にも分散して学生が参加した。

 技術職で内定を得た大学院2年横山貴一さん(25)は初めて本社に来たといい「実際に足を踏み入れると背筋が伸びる思い。同期とも今まではオンラインだったので、直接話せる喜びを感じた」と語った。