バスケットボールの第95回天皇杯・第86回皇后杯全日本選手権(日本バスケットボール協会主催、共同通信社共催)ファイナルラウンド第1日は9日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナでBリーグ1部(B1)勢による男子準々決勝が行われ、6大会ぶりの優勝を狙う川崎はBリーグ2連覇中のA東京に69―66で競り勝ち、準決勝進出を決めた。

 滋賀は三河を73―65で破り、初の4強入り。SR渋谷は76―60で北海道を下し、宇都宮は富山を74―65で退けた。11日の準決勝はSR渋谷―滋賀、川崎―宇都宮の顔合わせとなった。

 10日は女子の準々決勝が行われる。