神奈川県川崎合同庁舎(川崎市)の電気室で感電死した警備員の男性=当時(30)=の遺族が9日、安全対策が不十分だったとして県と勤務先の京浜警備保障(横浜市)に損害賠償約9千万円を求め、横浜地裁川崎支部に提訴した。

 訴状によると、男性は2018年1月23日、庁舎の防犯信号が作動したため電気室に駆け付け、変圧器ヒューズに触れて感電死した。危険な機器に適切な高さの囲いを設置するなどの安全配慮義務を怠ったとしている。

 川崎市に住む母親(64)は市役所で記者会見し「息子は戻らないが、つらい思いをする家族が出ないよう安全対策をしてほしい」と訴えた。