青年海外協力隊を派遣する国際協力機構(JICA)は9日、今春始まるNHK連続テレビ小説「エール」の主人公モデル、古関裕而さんが作曲した隊歌の楽譜を、古関さんの出身の福島市に寄贈した。福島市古関裕而記念館は筆跡などから直筆としている。

 JICAは「より多くの人の目に触れてほしい」として寄贈を決めた。同記念館が、今後展示する方針。

 JICAの担当者によると、古関さんは1967年ごろ、JICAの依頼で隊歌「若い力の歌」を作曲。第1回の青年海外協力隊が帰国した際の報告会で初めて披露された。50年以上にわたり約5万人の隊員が歌い継いできた。