高速道路で他の車にエアガンを発射したとして、兵庫県警が器物損壊の疑いで無職佐藤竜彦受刑者(40)を神戸区検に書類送検したことが9日、捜査関係者への取材で分かった。1月6日付。

 佐藤受刑者は昨年9月8日に愛知県内の東名高速道路で先行車にエアガンを発射したとして、道交法違反(道路における禁止行為)の罪で罰金5万円の略式命令を受けたほか、覚せい剤取締法違反(使用)の罪で懲役2年8月の実刑判決を受け、確定した。

 書類送検容疑は昨年8月、神戸市の阪神高速道路神戸線下りで車を運転中にエアガンを発射し、他の車を傷つけた疑い。