2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は9日、昨年12月末に宿泊棟が完成した東京・晴海の選手村の仕様を公表し、外廊下は車いすが擦れ違えるよう幅を広く取るなど障害者に配慮した。部屋に置く家具も、クローゼットは車いすに乗ったままハンガーが掛けられるようにした。

 選手村は三方を海に囲まれた約44ヘクタールの敷地に、14~18階建ての宿泊棟が21棟並ぶ。計約3800戸あり、各戸を数部屋に仕切ってそれぞれベッドを1~2台置く。五輪時は約1万8千ベッド、パラリンピック時は8千ベッドを用意する。