【ベイルート共同】金融商品取引法違反の罪などで起訴され、保釈中に中東レバノンに逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)は8日、逃亡後初めての記者会見で、事件は日本政府関係者や日産による「陰謀」だとする自説を展開した。一方、政府関係者が関与したとする根拠や逃亡の経緯など、核心部分の説明は拒んだ。

 ゴーン被告は会見の冒頭で「関心があるのは分かるが、日本からどう出国したかを話すために来たのではない」と述べた。記者の質問にも「私を助けようと関わってくれた人々を危険にさらしたくない」と繰り返し、回答を拒否した。