【ロンドン共同】エリザベス英女王(93)の孫ヘンリー王子(35)は8日、王室の中核メンバーが担う主要公務から退いた上で、財政的な独立を目指し、王室と距離を置く意向を表明した。家族への執拗な取材に対する強い不満が一因とみられる。

 王子はチャールズ皇太子(71)と故ダイアナ元妃の次男で、王位継承順位6位。王室は「王子夫妻との話し合いは始まったばかり。問題は複雑で、対処するには時間がかかる」との声明を出した。英主要メディアによると、女王など他の王族は事前に相談を受けていなかったとみられる。