森雅子法相は9日未明、臨時の記者会見を開き、カルロス・ゴーン被告がレバノンへ不法出国したことについて「どの国の制度でも許されない行為」と指摘し「それを正当化するために、国内外に向けて、わが国の法制度や運用について誤った事実を殊更に喧伝し、到底看過できない」と述べた。

 森氏はゴーン被告の会見終了後に会見に臨んだ。法相が個別事件に関して会見するのは異例。日本の司法制度への批判に反論し、国際世論に理解を求めたい考え。

 森氏はゴーン被告に向けて「主張すべきことがあれば、わが国の公正な刑事司法制度において、正々堂々と裁判所の判断を仰ぐことを強く望む」と語った。