【ニューヨーク共同】8日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、午前10時現在は前日比23・51ドル高の2万8607・19ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は23・26ポイント高の9091・84。

 中東情勢への懸念が和らぎ、買い戻しが優勢となった。