【ベイルート共同】沈黙を強いられた元“カリスマ経営者”が、反転攻勢に打って出た。「私は無実だ」。逃亡先のレバノンの首都ベイルートで8日開かれた前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)の記者会見。親しい記者らを招き、日本批判をまくし立て、独演会の様相を見せた。

 逃亡後、初めて公の場に姿を現したゴーン被告は黒いスーツにピンク色のネクタイを着用。「やっと事実、データ、そして証拠を皆さんに示すことができる」。英語で冗舌に主張した。

 逃亡時の心境を尋ねられると、「(日本から)出国したと分かった時、生き返ったような気分だった」と振り返った。