【ベイルート共同】金融商品取引法違反の罪などで起訴され、保釈中に中東レバノンに逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)は8日、首都ベイルートで記者会見し、日本の司法制度を批判した上で「身の潔白を確信している」と完全無罪を主張した。逃亡は「自身と家族を守るためだった」と正当化。日産の一部の人間が事件を仕組み検察と共謀、日本政府も関与しているとの“陰謀論”を展開し、全面対決の姿勢を示した。

 被告が公の場に姿を見せるのは日本から逃亡後初めて。逃亡の経緯の説明を拒み、関与した日本政府関係者の名前も明かさないなど、一方的な主張の場となった。