競泳男子200メートル平泳ぎで昨夏の世界選手権銅メダルの渡辺一平は8日、埼玉県所沢市で報道陣に練習を公開し、東京五輪の代表選考会となる4月の日本選手権で2分6秒12の世界記録更新を目標に掲げた。「狙うは2分5秒台。そこで出すことがライバルにプレッシャーを与えることになる」と威勢が良かった。

 昨夏まで2分6秒67の世界記録を保持していた実力者は昨年終盤からみっちりと泳ぎ込んでいると明かし「一日一日練習を頑張れている」と手応えを示した。今年の抱負として「魅」と記し「魅了の魅。少しでも感動してもらったり、応援したいと思ってもらえるレースを心がけたい」と語った。