出走するボートレースで順位を操作、見返りに現金300万円を受け取ったとして、名古屋地検特捜部は8日、モーターボート競走法違反容疑で東京都練馬区の元ボートレーサー西川昌希容疑者(29)を、現金を供与したなどとして同法違反容疑で親族の津市の会社員増川遵容疑者(53)を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年7月2日の琵琶湖モーターボート競走場の二つのレースで、西川容疑者が故意に4着と2着となり、競走の公正を害したほか、増川容疑者が報酬として300万円を供与した疑い。

 特捜部によると、選手はレース前日から外部と接触を禁じられるが、西川容疑者はスマホを不正に持ち込んでいた。