埼玉県警は8日、同僚の女性宅に侵入したとして住居侵入の疑いで、県警科学捜査研究所の技術職員遠藤泰徳容疑者(37)=さいたま市浦和区=を逮捕した。複数の女性職員の部屋で撮影したとみられる画像がスマートフォンに保存されており、県警は侵入を繰り返したとみて調べる。

 逮捕容疑は昨年8月27日、20代の同僚女性が1人で暮らすさいたま市内のアパートに侵入した疑い。県警によると容疑を否認。女性とは親しい関係ではないという。

 遠藤容疑者は同9月、さいたま市のJR与野本町駅構内で通行人の女性のスカート内にスマホを差し入れたとして県迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕された。