弘前大(青森県弘前市)は8日、高い抗菌性が認められ、宇宙飛行士の船内服にも使用された「あおもり藍」に、A型インフルエンザウイルスの増殖を防ぐ効果が実証されたとして、共同で研究した東北医科薬科大(仙台市)らと共に特許を出願したと発表した。担当者は「食材にも使用されており安全性が確保されている」と強調。マスクなどの製品化を検討している。

 実証実験をした中根明夫弘前大名誉教授(微生物学)らは、藍の葉から抗菌性を多く含む方法で抽出したエキスを使用。A型インフルエンザウイルスとエキスを混ぜて感染させた細胞と、A型ウイルスのみを感染させた細胞を培養して比較した。