【ブリスベン(オーストラリア)共同】男子テニスの団体戦、ATPカップは8日、オーストラリアのパースなどで1次リーグが行われ、B組の日本はスペインに0―3で敗れ、2勝1敗で同組2位となった。3連勝で同組1位のスペインはシドニーで行われる準々決勝に進出した。

 シングルスで添田豪(GODAI)が世界ランキング10位のロベルト・バウティスタに2―6、4―6で敗れ、西岡良仁(ミキハウス)が世界1位のラファエル・ナダルに6―7、4―6で屈した。ダブルスで添田、マクラクラン勉組も敗れた。