9日明け方にかけて西日本から北日本の広い範囲で非常に強い風が吹く恐れがあり、気象庁は8日、暴風や高波に警戒を呼び掛けた。西日本から東日本の日本海側は高潮にも注意が必要という。

 また低気圧や前線の影響で東日本や東北は9日朝にかけて断続的に雨が降り、積雪の多い地域では雪解けが進むとして土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、なだれに警戒するよう求めた。

 低気圧が接近する北陸では9日明け方にかけて大気の状態が非常に不安定となる見込み。竜巻などの激しい突風や落雷に注意が必要になる。

 9日までに予想される最大風速は中国、近畿、東海、北陸、関東、伊豆諸島で25m。