巨人のドラフト1位ルーキー堀田賢慎投手(青森山田高)は8日、川崎市のジャイアンツ球場で始まった新人合同トレーニングを終えて「心の準備はできていた。思ったよりも体が動けていたので良かったと思う。自分のペースでできた」と充実感を漂わせた。

 合同練習は育成を含む新人8選手が全員参加して室内練習場でスタート。キャッチボールやノックをこなし、堀田は「キャンプに向けて体をつくっていきたい」と先を見据えた。

 視察に訪れた原辰徳監督は「東京ドームで拍手喝采を浴びるようなそういう選手になってほしい。全てにおいて野球中心に成長していってもらいたい」と期待した。