【バンコク共同】サッカー男子のU―23(23歳以下)アジア選手権で、1次リーグB組の日本は9日午後8時15分(日本時間同10時15分)からバンコク近郊で行われる第1戦でサウジアラビアと対戦する。8日は現地の練習場で最終調整。

 大会は東京五輪予選を兼ねており、開催国枠での五輪出場が決まっている日本は真剣勝負の場で強化を図る。森保監督は試合会場で記者会見に臨み「結果と成長を求めながらチャレンジしたい。力を最大限出し切れるよう働きかけたい」と意気込み、今大会の主将をGK小島(新潟)に任せることを明らかにした。