阪神の新人合同自主トレーニングが8日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で始まり、育成を含めた全8選手がキャッチボールやダッシュなどで汗を流した。ドラフト1位の西純矢投手(岡山・創志学園高)は「想像していたよりハードだった。プロの世界はすごく厳しいので、意識を高く持ってやっていきたい」と決意を口にした。

 この日は春季キャンプで臨時コーチを務める山本昌氏が視察。2軍でも指導に当たる意向で、同じ左投げのドラフト3位、及川雅貴投手(神奈川・横浜高)は「体の使い方や、どうやったら長く野球ができるかを聞きたい」と意欲を示した。