広島の新人合同トレーニングが8日、広島県廿日市市の大野練習場で始まり、ドラフト1位の森下暢仁投手(明大)は笑顔でインターバル走などをこなした。「楽しく、自分らしくできた。1軍の舞台で、早く野球がやりたい」と気持ちを新たにした。

 即戦力として大きな期待がかかり、佐々岡真司新監督はキャンプの1軍スタートを示唆している。キャッチボールではしなやかな投球フォームから、伸びのある球を披露。森下は「いい状態。キャンプの入りでアピールできるようにしたい。地道にやっていきたい」と落ち着いた話しぶりだった。