オリックスの新人合同自主トレーニングが8日、大阪市の球団施設で始まり、ドラフト1位の宮城(沖縄・興南高)らは、福良ゼネラルマネジャーらが見守る中、ランニングやキャッチボールなど軽めのメニューで体を動かした。

 宮城は同期の投手から刺激を受けた様子で「いいところを盗んでレベルアップしたい」と意欲的だった。ドラフト2位の紅林(静岡・駿河総合高)は「186センチだけど動けて守れるところ、長打力を見てほしい」とアピールポイントを挙げた。