米国から大麻を密輸したとして大麻取締法違反などの罪に問われた元五輪代表のプロスノーボーダー国母和宏被告(31)は8日、東京地裁(村田千香子裁判官)で開かれた初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は懲役3年を求刑し、弁護側は刑を軽くするよう求めて結審した。判決は28日。

 被告人質問で国母被告は「たくさんの方に迷惑を掛けて反省している。もうこのようなことはしない」と謝罪。小さいころから米国での生活が中心だったため、コミュニケーションとして大麻を吸うようになったと明らかにした。

 国母被告は06年トリノ、10年バンクーバーの冬季五輪に出場した。