沖縄県は8日、うるま市の養豚場の豚が豚コレラ(CSF)に感染したと発表した。県としては1986年10月以来33年ぶりで、県はこの養豚場や感染の疑いが出ている別の養豚場の計1800頭以上の殺処分を始めた。

 他から持ち込まれていない飼育豚の感染発生は、2018年に岐阜県で発覚してから関東や中部地方などに広がり、イノシシが主な感染源とみられている。今回離れた地域で見つかり、農林水産省は感染経路を調べる。

 江藤拓農相は農水省の対策本部会合で、感染の疑いの出ている養豚場で沖縄の固有種の豚「アグー」を飼育していると説明し「封じ込めに全力を尽くす」と述べた。