気象庁は8日、急速に発達する低気圧の影響で、9日朝にかけて西日本から北日本の広い範囲で非常に強い風が吹き、海上は大しけとなる所があるとして、暴風や高波への警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、日本海を東に進む低気圧や、そこから延びる寒冷前線などの影響により、西日本や東日本では、太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定となる。

 8日は近畿の日本海側を中心に潮位が高くなり、海岸や河口付近の低地では高潮に注意が必要だ。東日本では大雨となる所があるほか、気温上昇により、東日本と東北南部の積雪が多い地域では融雪による土砂災害やなだれなどの恐れもある。