レバノンへ逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告を巡り、大久保武・駐レバノン日本大使が7日、首都ベイルート郊外の大統領府でアウン大統領と会談した。大久保氏は「誠に遺憾だ。到底看過できない」として、事実関係究明に必要な協力を求めた。アウン氏は「全面的な協力を惜しまないことを約束する」と応じた。日本外務省が明らかにした。

 アウン氏は「本件にレバノン政府は全く関与していない」と説明。レバノンは日本との関係を重視していると訴えた。日本外務省は大久保氏が身柄引き渡しを求めたかどうかは「明らかにできない」とした。

(ベイルート、東京共同)