バレーボールの全日本高校選手権第3日は7日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで3回戦と準々決勝が行われ、男子は3大会ぶりの優勝を狙う駿台学園(東京)が準々決勝で鎮西(熊本)に2―1で競り勝った。高校総体覇者の松本国際(長野)や東山(京都)、清風(大阪)も4強入りした。

 女子の準々決勝では3連覇を狙う金蘭会(大阪)が熊本信愛女学院を、東九州龍谷(大分)は誠英(山口)をともに2―0で下した。古川学園(宮城)、共栄学園(東京)もベスト4入り。準決勝は11日、決勝は12日に行われる。