日本海で急速に発達する低気圧の影響で8日は西日本から北日本の広い範囲で海上や海沿いを中心に非常に強い風が吹くとして気象庁は7日、暴風や高波に警戒を呼び掛けた。西日本と東日本は落雷や竜巻などの突風にも注意が必要になる。

 気象庁によると、8日は広範囲で雨が降り、東日本は大雨になる所もありそうだ。気温も上がり東日本と東北の積雪の多い地域では融雪による土砂災害、低地の浸水、河川の増水、雪崩に注意が必要になる。9日の日本付近は強い冬型の気圧配置になる見込み。

 8日までの予想最大風速(最大瞬間風速)は中国、四国、近畿、東海、北陸、関東、伊豆諸島25m(35m)など。