東京地検特捜部は7日、会社法違反(特別背任)の罪に問われた前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)の東京地裁での証人尋問で、虚偽の証言をしたとして、偽証容疑で被告の妻キャロル・ナハス容疑者(53)の逮捕状を取った。キャロル容疑者は、保釈中に逃亡したゴーン被告と共にレバノンに滞在しているとみられ、実際に逮捕される可能性は低い。

 逮捕状取得に踏み切ったのは、ゴーン被告が日本の司法制度やキャロル容疑者との面会を認めなかった保釈条件を批判しているのに対し、キャロル容疑者が特別背任事件に関与していた疑いがあることを明確にしたいとの狙いがありそうだ。