日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、贈賄容疑が持たれている中国企業「500ドットコム」側が、衆院解散のあった2017年9月28日、飛行機で現金2250万円を日本に持ち込み、その日のうちに衆院議員秋元司容疑者(48)=収賄容疑で逮捕=に300万円を渡した疑いのあることが7日、関係者への取材で分かった。

 「500」社側は、秋元容疑者以外の衆院議員5人に各約100万円を渡したと供述したが、うち4人は受領を否定している。受領を認めた日本維新の会の下地幹郎元郵政民営化担当相(58)=比例九州=は7日、離党届を提出した。