日米両政府が返還で合意している米軍キャンプ瑞慶覧(沖縄県北谷町など)の一部区域が、3月31日に日本側へ返還されることが7日、県や北谷町への取材で分かった。町教育委員会によると、返還区域内には地方豪族の居城「北谷城」の遺構があり、国指定史跡を目指す方針。

 返還されるのは、キャンプ瑞慶覧北西部の北谷町にある倉庫地区の一部と白比川沿岸地区で、計約11ヘクタール。大半は民有地で、日本側が約2年かけて、有害物質の有無を調べたり不発弾を撤去したりした後、地権者約140人に引き渡す。

 北谷城は14~15世紀に栄えた地方豪族の居城。