7日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発した。中東情勢の悪化懸念から6日に急落した反動で、ひとまず買い注文が入った。

 終値は前日比370円86銭高の2万3575円72銭。東証株価指数(TOPIX)は27・56ポイント高の1725・05。出来高は約11億5795万株だった。