【ワシントン共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁は6日、本拠地ワシントンで行われたセルティックス戦をベンチで見守った。昨年12月16日に鼠径部を負傷して戦列を離れており、これで11試合連続欠場となった。

 八村は強豪相手に奮闘するチームメートに興奮した様子を見せ、立ち上がったまま声援を送り続けた。試合は99―94で勝って今季2度目の2連勝とし、12勝目(24敗)を挙げた。