安倍晋三首相は7日、自民党本部で開いた新年仕事始めの会合で、憲法改正実現に党として積極的に取り組むよう促した。「私たちに課せられた大きな責任でもある憲法改正に向けて、大きな歩みを進めていこう」と述べた。自身の党総裁任期を2021年9月の満了まで全うする意欲もにじませた。

 改憲に関しては、党是であることを踏まえ「党の歴史的使命だ」と強調した。首相は6日の年頭記者会見でも「私の手で成し遂げる考えに揺らぎはない」と実現への意欲を重ねて示している。

 総裁任期を巡っては「柚子は九年の花盛り。柚子までは責任を持って大きな花を日本に咲かせたい」と述べた。