【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は7日、大統領府で「新年の辞」を発表し、「日本は最も近い隣国だ。両国間の協力関係を一層、未来志向的に進化させていく」と日韓関係の改善に意欲を示した。日本の輸出規制強化の撤回も改めて要請した。一方、韓国人元徴用工問題には言及がなく、打開策が見えない状況は今後も続く見通しだ。

 朝鮮半島情勢を巡っては、米朝間の対話を促進させるのと同時に、南北の協力事業を進める「現実的な方策」を模索すべきとの考えを強調した。

 具体的には南北の軍事境界線付近での協力事業を提案し、「金正恩朝鮮労働党委員長も同じ意志を持っていると信じる」と呼び掛けた。