【ロンドン共同】英最大野党の労働党は6日、昨年12月の総選挙の歴史的大敗を受け、辞意を表明していたコービン党首の後任を選ぶ手続きを7日に始めると発表した。党内での投票を経て、4月4日の党大会で新党首が公表される予定。BBC放送が伝えた。

 新党首は、2月下旬から4月上旬にかけて行われる党員らによる投票で選ばれる。現時点では、影のEU離脱担当相を務めるスターマー氏ら5人程度が出馬の意思を示している。

 離脱問題が最大の争点となった総選挙で、ジョンソン首相の率いる与党保守党は1月末の早期離脱を掲げて大勝した。